X

ディープラーニングを中心とする技術の日本における産業実装への活動

閉じる

なぜ「ディープラーニング」なのか?いま最も成果が出ている技術を事業活用し、日本の産業に実装していくことで産業競争力を高めます。そのための最新の活動を解説していきします。ディープラーニング活用をイメージできるよう、あらゆる業界業種での実装事例を収集する取組。ディープラーニングの基礎知識を有して適切な活用方針を決定して事業応用することができる人材を増やす取組により、「解決できる課題がわからない」というループを破ります。

日本ディープラーニング協会 理事 事務局長
岡田 隆太朗

1974年生東京都出身。慶應義塾大学在学中に起業。事業売却後事業会社を連続設立し、2012年 株式会社ABEJAを共同創業。2015年攻殻機動隊Realize Projectを発足し、コンテンツを活用したアカデミアと産業の連携する場を創設。同年より、IT経営者のコミュニティイベントInfinity Ventures Summitの運営事務局を設立し事務局長に就任。2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に一般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し事務局長に就任。2018年より同理事兼任。

ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド

ディープラーニングを中心とする技術の日本における産業実装への活動

講演概要

なぜ「ディープラーニング」なのか?いま最も成果が出ている技術を事業活用し、日本の産業に実装していくことで産業競争力を高めます。そのための最新の活動を解説していきします。ディープラーニング活用をイメージできるよう、あらゆる業界業種での実装事例を収集する取組。ディープラーニングの基礎知識を有して適切な活用方針を決定して事業応用することができる人材を増やす取組により、「解決できる課題がわからない」というループを破ります。

日本ディープラーニング協会 理事 事務局長
岡田 隆太朗

1974年生東京都出身。慶應義塾大学在学中に起業。事業売却後事業会社を連続設立し、2012年 株式会社ABEJAを共同創業。2015年攻殻機動隊Realize Projectを発足し、コンテンツを活用したアカデミアと産業の連携する場を創設。同年より、IT経営者のコミュニティイベントInfinity Ventures Summitの運営事務局を設立し事務局長に就任。2017年、ディープラーニングの産業活用促進を目的に一般社団法人日本ディープラーニング協会を設立し事務局長に就任。2018年より同理事兼任。

その他の動画

デジタルシフト with /After コロナのAI活用

世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、自治体・企業・個人にデジタルシフトが加速しています。Withコロナ時代に求められる「足元のWith...

株式会社オプティム
増田 圭介

人材不足の背景にある構造的な問題を超える ~人材...

AIやデータサイエンスに関わるテクノロジーの担い手不足が叫ばれていますが、「人材不足の構造的課題は何か」そして、「“民主化”はどのように進んで行くべきか」。これら...

経済産業省
小泉 誠

AI・データサイエンスを効率化するHPワーク...

ニューノーマル時代のAI開発・活用にはどのようなハードウエアを検討したらよいでしょうか?HPワークステーションの特徴と活用事例から、HPワークステーションをAIで活...

(株)日本HP
新井 信勝

>戻る