X

2020年のAI進化を振り返る

閉じる

2020年を振り返り、今後のAI進化と発展を考えていくセッションです。コロナウイルスの診断や対策に使えるAI技術、メンタルヘルスのサポートを頼めるAI技術、医療チャットボット、群衆の密集度を測定する映像解析AIソリューションなどが開発され、AI技術のセキュリティも強化されました。他にも自然言語処理(GPT-3)や顔認識性能が向上しましたが、まだ完璧とはいえません。2021年は、バイアス問題や個人情報保護法が課題としてまだ残っているでしょう。

LB AIジャパン株式会社 AI事業部長
セドリック・ヴァグレ

フランス出身。開発ツールの会社(インフラジスティックス)、オンラインプラットフォーム(Gree)、受託開発の会社を含めて、日本のIT企業で15年以上の経歴を持つ元エンジニア・プロジェクトマネージャー。2016年より、オペレーション部長として株式会社Gengoへ参画し、2018年にはGengoがLionbridgeの子会社化。現在はLionbridgeの日本AI事業部長に就任。海外のお客様との取引経験が豊富で、日本にもベストプラクティスの知識や、革新的なAI導入の支援をすることにに関心を持っている。

ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド

2020年のAI進化を振り返る

講演概要

2020年を振り返り、今後のAI進化と発展を考えていくセッションです。コロナウイルスの診断や対策に使えるAI技術、メンタルヘルスのサポートを頼めるAI技術、医療チャットボット、群衆の密集度を測定する映像解析AIソリューションなどが開発され、AI技術のセキュリティも強化されました。他にも自然言語処理(GPT-3)や顔認識性能が向上しましたが、まだ完璧とはいえません。2021年は、バイアス問題や個人情報保護法が課題としてまだ残っているでしょう。

LB AIジャパン株式会社 AI事業部長
セドリック・ヴァグレ

フランス出身。開発ツールの会社(インフラジスティックス)、オンラインプラットフォーム(Gree)、受託開発の会社を含めて、日本のIT企業で15年以上の経歴を持つ元エンジニア・プロジェクトマネージャー。2016年より、オペレーション部長として株式会社Gengoへ参画し、2018年にはGengoがLionbridgeの子会社化。現在はLionbridgeの日本AI事業部長に就任。海外のお客様との取引経験が豊富で、日本にもベストプラクティスの知識や、革新的なAI導入の支援をすることにに関心を持っている。

その他の動画

人材不足の背景にある構造的な問題を超える ~人材...

AIやデータサイエンスに関わるテクノロジーの担い手不足が叫ばれていますが、「人材不足の構造的課題は何か」そして、「“民主化”はどのように進んで行くべきか」。これら...

経済産業省
小泉 誠

データサイエンティストとしてスタートするため...

「データサイエンスの専門家として、スタートしたばかりの人へのアドバイス」や 「KaggleコミュニティとKaggleコンペは、データサイエンティストのキャリアやお仕事の進め...

LINE株式会社
哈启燊 (QISHEN HA)

AIスペシャリストたちの視座から探る、2021年求め...

新型コロナウイルスの世界的な流行によって、様々な生活様式が一変し、私たちのビジネスを取り巻く環境についても劇的に変化しました。そんな状況下で私たちは、「ニューノ...

株式会社ABEJA / 日本ディープラーニング協会 / 株式会社レッジ
菊池 佑太 / 岡田 隆太朗 / 橋本 和樹

>戻る