X

AI for sustainability A guide to safe development

閉じる

これからの社会ではSDGsが大きなトレンドとなっていくのは明白です。AI×SDGsというのは海外でも既にホットなテーマとして扱われていて、現在でもさまざまな研究でAIのSDGsへの有用性はうたわれています。本セッションでは、AI開発とSDGsに取り組んでいる株式会社RecursiveのCEO兼リサーチャーのティアゴ・ラマル氏に、持続可能なAI開発とは何か?についてお話しいただきます。

株式会社Recursive Co-founder and CEO
ティアゴ・ラマル

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンにて、理論/数理物理学 修士号、生物物理学 博士号を取得。卒業後、Google DeepMindに入社。シニアリサーチエンジニアとして、強化学習、予測モデル、自己管理型学習など、最先端プロジェクトに従事しNatureなどの国際雑誌に多数の論文を発表。その後、来日し様々なAIプロジェクトを推進。2020年8月、株式会社Recursiveを共同創業し代表取締役に就任。

ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド

AI for sustainability A guide to safe development

講演概要

これからの社会ではSDGsが大きなトレンドとなっていくのは明白です。AI×SDGsというのは海外でも既にホットなテーマとして扱われていて、現在でもさまざまな研究でAIのSDGsへの有用性はうたわれています。本セッションでは、AI開発とSDGsに取り組んでいる株式会社RecursiveのCEO兼リサーチャーのティアゴ・ラマル氏に、持続可能なAI開発とは何か?についてお話しいただきます。

株式会社Recursive Co-founder and CEO
ティアゴ・ラマル

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンにて、理論/数理物理学 修士号、生物物理学 博士号を取得。卒業後、Google DeepMindに入社。シニアリサーチエンジニアとして、強化学習、予測モデル、自己管理型学習など、最先端プロジェクトに従事しNatureなどの国際雑誌に多数の論文を発表。その後、来日し様々なAIプロジェクトを推進。2020年8月、株式会社Recursiveを共同創業し代表取締役に就任。

その他の動画

ディープラーニングに最適NGCカタログがすぐ使え...

ディープラーニングの学習環境の構築、インファレンスを含むアプリケーション環境の展開に、GPUドライバーや依存パッケージを管理する必要があり、環境構築や展開に膨大な時間...

菱洋エレクトロ株式会社
青木 良行

人材不足の背景にある構造的な問題を超える ~人材...

AIやデータサイエンスに関わるテクノロジーの担い手不足が叫ばれていますが、「人材不足の構造的課題は何か」そして、「“民主化”はどのように進んで行くべきか」。これら...

経済産業省
小泉 誠

日本HP社製Workstation ZシリーズとGPUコンピ...

NVIDIA販売パートナーとして最上位に位置付けられている当社として、CPUのみのシステムとは異なる、GPUを搭載したシステムの「勘所」をご紹介します。そして、メインテーマで...

GDEPソリューションズ株式会社
牛木 威志

>戻る