X

世界最大の気象専門会社が本気でAIに舵を切ったお話

閉じる

世界最大の気象専門会社であるウェザーニューズがAI技術を使った運営に舵を切った際に起こった様々な苦悩や新たな発見について、最新の事例紹介と共にご説明します。あわせてWxTech(ウェザーテック)という、気象データを使ったビジネス予報の手法や簡単に気象データとの相関を判定できるサイトの使い方もご紹介。お天気によってビジネスが変わる業界の方、気象データを使ったモデル構築などを検討してる方は必見です。

株式会社ウェザーニューズ 常務取締役
石橋 知博

1975年生まれ。中央大学理工学部情報工学科卒。日本ヒューレット・パッカードを経て2000年にウェザーニューズへ入社。モバイル・インターネット関連の法人営業を経験した後、2003年に個人向け(BtoS)モバイルコンテンツサービス事業を立ち上げる。2005年11月からはユーザーが自ら現在地の天気を報告し、天気予報に活用するウェザーリポーターの仕組みを導入。2012年1月からは米国ニューヨークに拠点を移し、約5年間、米国でのマーケティングディレクターを務める。2017年6月に帰国し、現在はモバイル・インターネットを軸とした世界のBtoSコンテンツの事業全般を統括している。2020年8月から常務取締役。

ニューノーマル時代におけるAI業界のメガトレンド

世界最大の気象専門会社が本気でAIに舵を切ったお話

講演概要

世界最大の気象専門会社であるウェザーニューズがAI技術を使った運営に舵を切った際に起こった様々な苦悩や新たな発見について、最新の事例紹介と共にご説明します。あわせてWxTech(ウェザーテック)という、気象データを使ったビジネス予報の手法や簡単に気象データとの相関を判定できるサイトの使い方もご紹介。お天気によってビジネスが変わる業界の方、気象データを使ったモデル構築などを検討してる方は必見です。

株式会社ウェザーニューズ 常務取締役
石橋 知博

1975年生まれ。中央大学理工学部情報工学科卒。日本ヒューレット・パッカードを経て2000年にウェザーニューズへ入社。モバイル・インターネット関連の法人営業を経験した後、2003年に個人向け(BtoS)モバイルコンテンツサービス事業を立ち上げる。2005年11月からはユーザーが自ら現在地の天気を報告し、天気予報に活用するウェザーリポーターの仕組みを導入。2012年1月からは米国ニューヨークに拠点を移し、約5年間、米国でのマーケティングディレクターを務める。2017年6月に帰国し、現在はモバイル・インターネットを軸とした世界のBtoSコンテンツの事業全般を統括している。2020年8月から常務取締役。

その他の動画

人材不足の背景にある構造的な問題を超える ~人材...

AIやデータサイエンスに関わるテクノロジーの担い手不足が叫ばれていますが、「人材不足の構造的課題は何か」そして、「“民主化”はどのように進んで行くべきか」。これら...

経済産業省
小泉 誠

ニューノーマルが加速するAIとHPの取り組み

コロナ禍でニューノーマル時代の動きが加速していく中、HPは、テクノロジーで世界中のあらゆる場所の、すべての人々の暮らしを向上させ、驚くような体験を創造することを目指...

(株)日本HP
九嶋 俊一

2020年のAI進化を振り返る

2020年を振り返り、今後のAI進化と発展を考えていくセッションです。コロナウイルスの診断や対策に使えるAI技術、メンタルヘルスのサポートを頼めるAI技術、医療チャットボット...

LB AIジャパン株式会社
セドリック・ヴァグレ

>戻る